介護福祉士資格取得

介護福祉士になるためには

介護福祉士

 


少子化が改善されず、日本の人口の高齢化は加速して、介護や福祉を本当に必要としている人が増えています。

 

しかし、介護や福祉に携わる職員は慢性的に不足しています。
厚生労働省の試算によると、2025年には30万人が不足すると予測されます。

 

介護福祉の業界への転職希望者は増加傾向にあります。
同時に、厳しい業務や労働条件のために離職者が多いという側面もあります。

 

介護福祉の世界で活躍するためには、介護福祉士の資格を取得することが1つの方法です。
介護福祉士は国家資格者で、介護と福祉のプロフェッショナルです。

 

介護福祉士になるためには、大きく分類して2つの方法があります。

 

1つ目は
高等学校(あるいは中等教育学校)で介護に関する所定の科目を履修して、
介護福祉士の国家試験を受験して合格することです。

 

2つ目は
介護老人保健施設や特別養護老人ホームで介護等の業務に3年以上(実働540日以上)従事した後で、
国家試験を受験して合格することです。

 

但し、ホームヘルパーの資格保有者は、所定の実務者研修を修了していれば、
本試験の実技試験は免除されます。

 

 

 

 

実務者研修の受講時間はホームヘルパーの保持する級によって異なります。
詳細の時間等は、試験センターや各種専門学校等に資料請求して確認できます。

 

介護福祉士


TOP 医療事務